水引は、ご祝儀袋や熨斗(のし)などの飾りに使われるおめでたいアイテムです。和紙を原料とした水引は軽くて使いやすく、正しく扱えば長期保存もできるという魅力があります。

水引細工というと伝統的な結び方を思い浮かべる方が多いものですが、近年はフラワーデザインなど現代風の水引細工が結ばれたご祝儀袋も増えてきました。華やかな結び方ができる水引は、アクセサリーや小物などのハンドメイドにも活用できます。

オリジナルの手芸を楽しみたい方は、ぜひ水引細工のアクセサリー作りに挑戦してみましょう。こちらでは、水引アートのレッスンを行っている水引ライナーが、水引アクセサリーの作り方や保存方法をご紹介いたします。

日本の伝統文化「水引」でアクセサリーを作ろう!必要な材料とは?

水引で作られた蝶々

水引細工を作るために、まずは手芸店などへ足を運び材料と道具を揃えましょう。

水引の素材・材料・道具

水引の素材は、和紙を細くこより状にし、のりを塗って乾かして固めたヒモです。水引専門店や手芸店で、しなやかで質のいい国産の水引をなるべく真っ直ぐな状態で購入するのがおすすめです。

また、水引を固定する細めのワイヤー、パーツを固定するときに使う手芸用接着剤、工作用ハサミやヤットコも揃えておきましょう。

全国の水引素材購入先一覧や、オススメの道具類はこちらのページにまとめています。

アレンジの魅力

水引細工にストーンやパール、チャームなどをつけたい場合には、手芸店やアクセサリーパーツ専門店でお好みのものを探してみましょう。また、水引細工をストラップやキーホルダーにしたいのなら、ストラップパーツやキーホルダーパーツも必要です。

アクセサリーに加工するのなら、ヘアピンやピアスパーツを購入しましょう。パーツをつなぐためのナスカンやつぶし玉といった材料もあれば便利です。

水引細工の基本的な作り方をマスターすれば、アクセサリーや飾り物など様々なアイテムを作って楽しめます。水引細工のピアスやブレスレットは、普段づかいだけでなくおめでたい席にもぴったりです。ヘアピンやバレッタ、ブレスレットやネックレスのほか、着物の帯留め、男性用のネクタイピンを作る方もいらっしゃいます。もちろん、キーホルダーやストラップなどを作るのもおすすめです。

水引を使った手芸のアレンジは無限大です。素敵な水引細工の作り方を知りたい方は、ぜひ水引ライナーのYouTubeチャンネルを参考にされてください。

水引素材の正しい保存方法とは?

金と銀の水引素材

水引を使って雑貨を作る際には、保存方法についても知っておきたいものです。

水引は和紙でできているため、水分や湿気に弱いという特徴があります。作品を長持ちさせるためにも、水気を避けて保管するようにしましょう。

温度変化の激しい場所では、片付ける際にビニール袋などに入れると結露が起こる可能性もあります。新聞紙などに包むとより安心です。また、直射日光が当たり続けると水引の変色が起こることもあります。作品を飾る際には日当たりのよい窓辺などを避け、直射日光の当たらない場所を選ぶのがおすすめです。

水引はデリケートな素材ですが、正しく保管すれば末永く愛着を持って使い続けられます。

丸められた【水引】を買った時にするといいこと

水引の仕入れ、miconoの入荷ルールをご紹介

水引細工のレッスンのサポートを行っている水引ライナーLabでは、水引の保管方法についても丁寧に指導させていただいており、他のメンバーさんの様々な創意工夫やアイディアも日々シェアされています。

水引細工で個性を活かした素敵な作品を作り上げよう!オンラインレッスンで作り方をマスター

水引は日本で古くから使われてきた伝統的な素材です。水引細工の基本的な作り方をマスターすれば、クラシカルな作品や現代的な作品など、素敵なアイテムをたくさん作れるようになります。ご紹介した水引細工の材料や作り方、保管方法を参考にして、ぜひオリジナリティあふれるアイテムを作ってみましょう。

水引細工のハンドメイド講座を展開している水引ライナーなら、初心者でも簡単に基礎から水引細工にチャレンジしていただけます。水引細工についてもっと知りたい方や、水引細工の専門家からレッスンを受けたいとお考えの方は、ぜひ水引ライナーの想いが詰まったオンラインの学び一覧をご覧ください。

水引細工で個性を活かしたアクセサリーの作り方をオンラインで学ぶなら水引ライナーへ

サイト名 水引ライナー
責任者名 micono Fiber art 代表 佐藤絵美子
住所 〒294-0316 千葉県館山市洲崎808−1
電話番号 070-3107-0528
E-Mail info@micono.link
URL https://mizuhikiliner.com/