※水引とは、ご祝儀袋などに使われる和紙でできた日本発祥の特殊な飾り紐です。近年では冠婚葬祭などの飾りだけでなくアクセサリーやディスプレイ、アートなどにも利用され用途が広がっています。水引アートの世界を覗いてみたい方はこちらもどうぞ。

悶々としているあなた

やってみたい!うまくいかない!もっと上達したい!
水引を学びたいと思い立ったその時、何から学べばいいの?がわからなかったり、選択肢や情報が十分でないのが現状ではないでしょうか。

どこで何から学べばいいか分からない迷い

ここ数年で、ハウツー本やワークショップなどが増え気軽な体験はできるようになりつつありますが、本質的に技術を学ぶには職人の門を叩くか教室に長期間通ったりするくらいしかなく、かなり場が限られます。習いたいけど叶わず独学でやってはみたが、これでいいのだろうか、何かうまくいかない、と悶々としている方が潜在的にかなりいらっしゃるのではと感じています。水引は一見どこにでもある紐のように思われている方も多いと思いますが、一般の人はまず普段の生活では触れた事がないような紐とも針金とも違う特殊な素材です。その為、扱い方の伝承が実は思っている以上に難しいのです。

本質的な技術を

手芸やハンドメイドとしての水引が広まり始めたのは喜ばしいことだと思う反面、やはり本などの媒体を通してだと伝えきれない部分が大きいのか、日本文化としての耳障りの良い言葉や結び方など表面的な部分ばかりが一人歩きし、水引を扱う上で要となる基礎的な技術が取り残されてしまっているように感じています。

私が創作の上でも一番大切にしている、水引に気が通っているかのような緊張感のあるライン。

師の手元から学んだこの水引独特の『線の美』を生み出す技術をもっと正しく多くの方に伝えたい。根本的に今の現状を変えるには、この一番ベースとなる部分の伝承に力を入れるべきと考えるに至ります。この本質的な技術さえ身についてしまえば、結び方などハウツーの部分は、書籍を利用したりネットで出回っている多少不確かな情報でもある意味十分活用できるのです。また、溢れる情報や作品、習う場を見分ける眼も養われてくるでしょう。

むしろ、オンラインで

これまで様々な対面講座を行いましたが、私一人が伝えられる人数には限りがある為、オンラインを中心に少しでも多くの方にお届けできるようにと体制を整えてきました。実際にオンライン利用者さんの変化をみていますと、意外なことに動画で繰り返し学ぶ方が断然吸収が早いという感覚があったのです。
教室などに足を運んで教わることにこそ価値があるように思いますが、実際は一人に対しての教えられる時間というのは限られますし、わからないことがあっても場に合わせなければならなかったり、教わるチャンスも基本的にはその時だけ。
それに対して、誰よりも近くで手元を繰り返し見られる【動画】の方が、実はリアルの場を越える特等席ではないか?と価値観が逆転するようになりました。

むしろオンラインで水引を学ぶ時代

どちらの方法でも教えた経験から、動画を撮る時の方がより「わかりやすく」「ぬかりなく」を意識して実際何度も撮り直したり編集したり手間をかけていると思いますし、同じ時間学ぶとしたら、動画の方が圧倒的に洗練・凝縮されているので、良く考えたら当然のことだったかもしれません。動画を活用できるようになった今、事情があってしょうがなく…というのではなく、むしろ、オンラインこそが効率のよい学び方だと考えるようになりました。

コミュニティでの進化伝承

オンラインの一方通行を解決する為、つまづいている点を気軽に解決できたりモチベーションを維持できるような交流の場も必要不可欠と感じ、これをオンラインコミュニティ水引ライナーLabで実現させています。主な交流の場はFacebookのソーシャルラーニンググループ上です。
私miconoからのサポートをはじめ、メンバー同士の情報交換もとても盛ん、水引への想いで、国内外プロアマが垣根を越えフラットに繋がる大変貴重な水引コミュニティへと成長しています。

コミュニティ

先生が頂点に立ち決まったことを教える場ではなく、メンバーそれぞれが水引で成したいことに取り組みながら、頭脳をかけ合わせて柔軟に水引を進化させていくことを目指し、私自身も舵取りはしていますが1メンバーとして学ぶ姿勢で関わっています。私の母より上のご年齢の方も、水引だけでなく慣れないFacebookにも挑戦し参加されているので、ぜひ「オンラインは難しそう…」なんて理由で躊躇しないでください。今後遅かれ早かれ、オンラインに対応せざるを得ない時は確実にきます。

水引精鋭チームへ

近い将来水引ライナーLabメンバーで大きな展示物や量産品の製作、企画展など仕事も生み出せる水引チームになれたらと野望を抱いています。それも視野に入れ「私がもしスタッフに教えるとしたら最優先で身につけて欲しい事」を凝縮し水引毬飾り大全-Sphering-にまとめました。
この毬作りによる基礎練習を土台に取り組んでいるメンバーの技術向上が予想以上で、私の精神も受け継いでくれはじめているので、思ったより早く何か実現できそうな予感がしはじめています。

伝統技術、文化的側面はもちろん、現代的なセンス、柔軟性も持ち合わせた職人集団

目指しているのは、伝統技術、文化的側面はもちろん、現代的なセンス柔軟性も持ち合わせた職人集団です。すでにグループ内のディスカッションで様々なアイディアが飛び交っており、【水引毬飾り大全-Sphering-】で基礎水引造形力を身につけた水引ライナー毬遣い認定メンバーさんとの間では実際に仕事も生まれはじめています。2020年5月からスタートしたむすび百科事典-MUSUPEDIAも共同制作の一つです。

変化の激しい時代ですから、細かい決まり事等は極力設けず、一人一人が自らの頭で考えられるクリエイティブなチームであれるよう、メンバーにも心得えていただくようにしています。

そして、安心してください。私なんかが入ってもいいのだろうか…?という方。趣味から一線で活躍されているプロの方まで多様なメンバーさんが在籍し、サークルの様に交流しています。

本質を捉え、オンラインを活用し、仲間と鍛錬する

私が後世へ残したい水引の、進化伝承スタイル、水引ライナー。

水引の未来へ、一緒に乗っていきませんか。☆*:.。.

↓↓↓

オンラインの学び一覧

無料で学ぶ
オンライン水引結び講座(youtube版/ブログ版)・youtubeチャンネル・当サイト無料記事

♪プチ自己投資
毎月届く講座級の動画付マガジン
むすび百科事典-MUSUPEDIA-

仲間と学ぶ
水引ライナーLab
(技術サポート・情報共有・MUSUPEDIAリサーチ&舞台裏に関わる)

基礎水引造形力を身につける
水引毬飾り大全-Sphering-/水引ライナーLab入会権付
(揺るがない水引創作の土台を伝授・認定資格・MUSUPEDIA製作メンバーになる、お仕事依頼)