亀の子結び(カメノコムスビ)

みんなで作る
むすび百科事典-MUSUPEDIA-

水引ライナーLabメンバーの集合知で制作する水引に特化したむすび百科事典。一つのデータを鵜呑みにせず、煩雑な情報を皆様の代わりにひろく試し、最も「美しく」「妥当な」水引結びを整理・再構築しています。

解説

亀の子結びのパターン

形が亀の甲羅に似ていることから亀の子結び。明治時代、組淡路(クミアワジ)と呼ばれた記録も残されている通り、2つのあわじ結びを組んだ形となっている。このあわじ結びがいくつ連なっているかで呼び名も変わる。

立体にしやすい亀の子結び

水引が交差する部分が多い事で立体的な形状を保ちやすいのが特徴で、花弁や葉、髪飾りやブレスレットなどのアクセサリーに利用できる。

結び方の基本パターン

あわじ結びが2つの基本形

亀の子結びの基本形。亀結び、亀甲結びとも呼ばれるが、一番メジャーな呼び名は亀の子結び。

亀の子結びの基本パターン

たくさんのパターンを試した中から割り出した、水引において最も美しく本数が増えても結びやすい普遍的な亀の子結びの手順がこちらです。


いきなり動画と同じ5本で結ぶのは難しいです。水引の基礎をしっかり身につけ2本くらいからの練習をオススメします。

あわじ結びが3つ以上の連続結び

あわじが3つ以上の亀の子結び

基本の亀の子結びからさらにあわじ結びを増やした連続亀の子結び。ダブル亀結び、亀亀結び、こま結び、亀の子結び変形などとも呼ばれる。

あわじが3つの亀の子結び

90cm5本どりで作れる最大サイズ。あわじ結びが3つ組まれた形で、結び終わりを繋げて針金留めしたもの。

あわじ結びを連続して組んでいく亀の子結び

90cm3本どり×2束を使い、抜き抱きあわじ結びから結び始めたもの。ブレスレットにできるくらいの長さになる。


水引の本数を少なくするほど、あわじ結びの数をたくさん増やす事ができます。

英表記

turtle-knot

海外での呼び名

コブギメドゥプ(韓国飾結び)

活用例

亀は長寿の象徴として古くから縁起が良いとされることから、結びのモチーフとして祝儀袋や結納品、正月飾りなどに用いられてきた。(結納品の飾りの中で純白の扇子「末広」の包みに亀の水引飾りをつける。)
水引の引き加減で平面にも立体にも仕上げる事ができるので、亀を作るだけでなく鶴の胴体部分や花びらなどのパーツとして水引細工の作品の中に幅広く使われている。

亀の子結びが使われている水引細工の鶴

詳しい解説動画

Spheringオンライン(水引毬飾り大全専用のFacebookグループ)内で行ったライブ配信にて
・youtube亀の子結び動画削除の裏話
・最もやりやすいパターンに辿り着くまで
・結ぶ時のコツ・ポイント
・あわじ結びを3つ以上繋げる時の手順

等を実際に結びながら詳しく解説しています。

& 幻の削除動画も公開

動画はnoteのマガジン内で公開しております。毎月水引結びがコーヒー1杯分のお値段で学べる大変お得なマガジンです、ぜひお試しくださいませ!


Special thanks :水引ライナーLabメンバー

参考文献

水引アレンジBOOK 
長浦ちえ (その他),エクスナレッジ (2013/9/30),95ページ

はじめての水引アレンジ
長浦ちえ 著,世界文化社, 2016.11,94/95p

暮らし・行事・ハレの日を結ぶ 水引レシピ 
田中 杏奈 (著), グラフィック社, 2018/11/8,96p

水引で結ぶ二十四節気の飾り 
田中 杏奈 (著),日東書院本社 (2019/12/20),112ページ

めでたづくしの水引 (レディブティックシリーズno.4418) 
森田江里子 (著),ブティック社 (2017/6/5),45ページ

水引 基本の結びと暮しの雑貨 
内野 敏子  (著),文化出版局 (2015/10/23),14ページ

しあわせを結ぶ 贈る、飾る、水引こもの 
内野 敏子 (著),PHP研究所 (2016/3/12), 36,79ページ

やさしい水引細工12ヵ月
荻原 加寿美 (著), 成美堂出版 (2017/10/12),25他ページ

やさしい花の水引アート―基礎結びから作品づくりまで 
梶 政華  (著),日貿出版社 (2011/10/1),26ページ

はじめての水引アート―基礎結びから作品づくりまで 
梶 政華  (著),日貿出版社 (2008/11),41ページ

季節の花の水引アート
梶 政華  (著),日貿出版社 (1999/10),47ページ,

暮らしの中のおしゃれな水引アート 
梶 政華  (著),日貿出版社 (1997/08),79ページ

水引の小物100選―結んで楽しい、飾って嬉しい 
梶 政華  (著),日貿出版社 (2005/03) ,58ページ

水引アート入門―基礎結びで作る花・インテリア小物
梶 政華  (著),日貿出版社 (1994/12),36,37ページ

水引のきほん はじめての人にもやさしい
髙田 雪洋  (著),世界文化社 (2020/3/19), 14ページ

水引折形作品集 ー温故彩飾ー 伝統の中から彩りを楽しむ
髙田 雪洋 (著),世界文化社 (2019/4/10),103ページ

心が華やぐ 水引の小物とアクセサリー
葵 ことり (著),池田書店 (2018/3/20),24ページ

みずひき
中村瑠水子 (著), 株式会社 日貿出版社; B5変版 (2020/2/3),34ページ

水引で結ぶ、もてなす、いろどる。季節の小物とアクセサリー
高橋千紗 著,日本文芸社 ,2019/7/13,48ページ

水引細工のアクセサリー -付録つきですぐ作れる! – (レディブティックシリーズno.4473)
mizuhikimie (著),ブティック社 (2017/8/16),65ページ

@ことほぎ
筒井 央子  (著),New York Art (2006/6/1),33/47ページ

水引デザイン: おくる、もてなす、よそおう 思いを伝える結びのかたち 
m90デザイン室 (著),誠文堂新光社 (2013/11/13),112ページ

結方図解: 極秘 
花廼家文庫 (著) ,君見ずや出版 (2014/9/4), 形式: Kindle版

NHK婦人百科 やさしい飾り結び 橋田正園(著)日本放送出版協会
(1983/920),43/158ページ

結道入門 : 水引アート : 暮らしに彩りを
園部洋湖 著,水引工芸六合, 2000.3,80p

youtube

Pinterest