オンライン水引結び講座<基礎編>概要・用意するもの・レッスン一覧

水引ライナーyoutubeチャンネルにて配信している全22回無料講座の解説ページです。最初から順番に見ていってもらうのが一番ですが、ピンポイントで活用したい時などは、こちらの水引ライナー公式サイトから適宜選んで学んでいただくのも便利かと思います。このページでは、受講にあたって準備するものと、レッスン内容一覧をまとめました。

講座の概要動画

受講に必要な道具、なぜ動画なのか、どういった方に向けた講座か等、どんな想いでこの講座を配信しているのかをお話ししています。ぜひ最初にご覧ください。

用意するもの

水引・ワイヤー・ボンド・台紙・ガイド・ハサミ・ヤットコ(ペンチ)・目打ち・ニッパー

講座全体では、ざっくり水引とよく切れるハサミがあれば最低限学ぶことはできます。無くてもなんとかなるもの、一部の講座でしか使わないものは、ご都合に合わせて下記を参考にご用意ください。今後も続けるなら、持っておいて損のない道具をご紹介しています。

材料編

オンライン水引結び講座<基礎編>に使用する材料(水引、ワイヤー、ボンド、台紙)
  • 水引 
    90cm×50本以上(丸められてない、国産の真っ直ぐな状態の水引が望ましい。)購入先がわからない方はこちらの記事にまとめています。
  • ワイヤー 
    #30/0.3mmくらい。ホームセンターなどで。金属の種類は特に問わず、画像は真鍮。こんな手芸用のワイヤーでもいいです。
  • ボンド
    一般的な木工用ボンドや手芸用ボンド。ノズルが細いタイプだと便利。筆者の超愛用品は速乾アクリアスティック
  • 台紙
    動画ではA4サイズにガイドを印刷して使用しています。お好みの台紙にできた結びを貼っていくと一覧でき、達成感あり!額に入れても♪
    動画で使用しているのはミ・タントのリリー。ニュアンスカラーが多くお気に入りのシリーズです。

実物大サンプル見本&台紙ガイド

オンライン水引結び講座<基礎編>にあると便利な、見本サンプル&台紙ガイド

ガイドなしでも講座は無料で受講できますが、あると綺麗に揃った結び見本がスムーズに作れます。台風15号でアトリエが被災し、ガイドをご購入いただくことでもしご支援をいただけましたら大変嬉しいです。ダウンロードページはこちら

道具編

オンライン水引結び講座<基礎編>に使用する道具(クラフトバサミ、ヤットコ、目打ち、ニッパー)
  • クラフトバサミ
    通常の事務バサミではスパッと切りにくいので、先端に力の入るクラフトバサミが良い。刃先はなるべく細めが使いやすい。
  • ヤットコ
    針金を捻る為のもの。ペンチでも代用可、新たに購入するならスプリングのない昔ながらの平ヤットコをオススメ
  • 目打ち
    なくてもできるが、水引が硬い場合にあると便利。金属部分は、全体が細いものでなく、画像のような徐々に先細タイプが良い。
  • ニッパー
    ハサミでも細い針金なら切れますが、刃が傷むので、金属を切れる道具があれば。

レッスン内容一覧

それではいよいよレッスンです!大きく4つのセクションにわかれています。それぞれのセクションごとにクリックして受講ができます。

水引に慣れる為の易しい結び

No.1 ひとつ結び
No.2 八の字結び
No.3 真結び
No.4 真結び(2本)
No.5 かけ結び
No.6 ひとつ結び(2本)
No.7 八の字結び(2本)
No.8 かけ結び(2本)

水引の基本【あわじ/あわび結び】とその発展系

No.9 水引の基本 あわじ結び
No.10 あわじ結び(2本)
No.11 あわじ結び(3本)
No.12 連続あわじ結び(1本)
No.13 抱きあわじ結び(1本)
No.14 連続抱きあわじ結び(2本)
No.15 抱きあわじ結び(3本)

【なのはな結び】の結び方と留め方3パターン

No.16 なのはな結び
No.17 なのはな結び(2本)
No.18 なのはな結び(3重)1本通し結び

実は色々ある【うめ結び】4パターン

No.19 うめ結び(1本)裏どめ/針金
No.20 うめ結び(3本)裏どめ/ボンド
No.21 うめ結び(3本)自立型1
No.22 うめ結び(3本)自立型2